naitsuの記憶。

物語と音楽に憧れて。

あまり読書をしなかったわたしにも、好きな本はあって。

辻村深月作品。



この人の紡ぐ言葉は、やばい。


目から文字が入って、血液のように心臓を廻って、脳神経に直接繋がっていく。


そして、没頭し過ぎて本当に息が止まるから、

殺されるんじゃないかと思う時がある。





だけど絶望がない。





深海の底の、底の、底から、

もがいてもがいて海面に出ると、

光いっぱいの青空があって、


その美しさに、感嘆と、疲弊をする。感じ。






自分の、皮膚の1番薄い部分を曝け出して、
ナイフでドスンと、突き付けられる。


その等価交換のように得られるのは、

求めて止まなかった希望だったりする。




軽はずみじゃない、簡単な言葉に、
わたしは本当に救われたことがある。


『いつか、大丈夫になる』


泣いた。
欲しかった言葉だった。欲しかった根拠だった。




この人の文字の中の世界に、頭の先までドップリ浸かる幸せを、久しぶりに感じたいな。

始まりを忘れない

【はじめましてのご挨拶】


嘘でも本当でも、
見栄でも虚勢でも、

言葉を並べてもいいと思う。


言葉には力があって、
それは心を抉りとって、

その瞬間は、時に虚しくて、時に快感で、

忘れたくなくても、残酷にいつか終わるし、

忘れたくても、時間は優しく過ぎていく。



"子供"の感性を忘れたわたしの、

必死に、すがりつくように求めた感覚の、リハビリの場として。


naitsu

広告を非表示にする